2020/02/12

Tempotec V1-A レビュー。

先日のTempotec V1-A のレビューです。

内容物

・本体

・USBA - type-c ケーブル

・USBmicro-b - type-c ケーブル

・保証書?、説明書、注意事項のやつ

USBmicro-b - type-c ケーブルは多分スマホとかにつないでOTGでもする用だと思われます。使わんけど。

・仕様

とりあえず裏面です。

この時は全然思っても無かったのですが、翌々Bluetoothの技適通って無いのでは??と思い調べた所

やっぱり通ってない。。問い合わせてみたのですが、日本の認証通れないみたいな返信が来たので、

技適は通って無いです。飛ばすと違法です。飛ばしちまったがな。。さすが中華・・・

ロゴポリカーボネート埋め込みはちょっとやめて欲しい。。

良い点としては、この価格帯においてmicroSD × 2 は嬉しいポイントですね。

でも、両方挿した状態でPCに指すとファイラーがバグります。

両方は見えません。

基本的に1スロット使うみたいですね。

最初、アマゾンのレビューを見る限りファームウェアを落とせるらしいので、ファームウェアとドライバを落として

ファームウェアはmicroSDに焼いて本体に差してアップデート。

ドライバは、本体のUSB設定をオーディオにしてPCに差しドライバをインストール。

ドライバをインストールすることで、DACとして機能するみたいです。

DACの機能については後日追記できたらします。

サイズはこんぐらい。文庫本(ラノベ)と比べると相当小さいかと思います。

手に馴染むサイズ感。某有名なハイレゾウ○ークマン寄りは幅が無いんで、持ちやすいかも?

早くアニメやってほしい。。

・機能

はっきり言って操作感は某有名ポータブルプレーヤーのア○プルのなんちゃらPad Podナノに近いです。

上の画像の通り、ゲイン調整ができます。イヤホンのインピーダンス特性に合わえて設定出来るのは良き。

僕の今の所メイン機であるintime 碧(sora)で聞きました。

D/Aは旭化成エレクトロニクス製のAK4377ECBが入ってるっぽい。

AK4377ECBはvelvet soundを搭載しているため相当音がいいです。艶があって、リバーブがすごい。

AKMのD/Aは中華系プレーヤーには搭載実績が多いので、値段の割には合っているかと思います。個人所感。。

この音質だったら、メイン機にしてもいいかな?と思えます。

最初あの件を書いたので、少しBluetooth機能についても書いておきます。やっちゃったんで。

この端末は送信・受信両方対応しています。

しかもこの価格でLDAC,aptx,AAC,SBCに対応。高音質でストリーミングできるLDACに対応しているのはこの価格帯で珍しいかと思います。

LDACは開発したソ○ーが謳っていたので、少し気になってはいました。

が、ハイレゾをワイヤレスで聞くことにまだ抵抗感があった&対応機器が高いということもあってLDAC初です。

以前使っていたXperia Z5からLDACでハイレゾ音源を飛ばしてみました。

すぐ繋がります。

画面にLDAC接続中と出ました。接続できる。すごい中華。

いざ再生。

とりあえず30分ぐらい聞いてみたのですが、3回ぐらい飛びました。想定内。

LDACは音質はいい?とあまり実感できない。はっきりは聞こえるけど・・・

DAPで同じ音源比べてみましたがやはりLDACよりダントツ良い。。

多分もうLDACで飛ばさないと思います。違法になっちゃうんで。

・まとめ

約1万円程度の中華DAP Tempotec V1-A を購入してみた訳ですが、

音質はさすがAKMだなって納得です。メイン機でも十分な音質だと思います。

その他、操作性が若干悪い・Bluetooth技適通ってない・ハイレゾロゴの真偽といった問題があるので、そのような質を気にする方はちゃんとしたソ○ーのウ○ークマン買ったほうがいいです。

ただ、コスパ良いDAPとしては音質は優秀なので、買っても損はないと思います。

また気づいた点あればレビューします。

またまた~